CL100利用手順

CL100はNCプログラム(Gコード)を使用して3軸加工を行います。

NCプログラム自体は簡単ですが、複雑な形状を加工しようとすると膨大な量のコードを書く必要があります。
よってCADとCAMを使用して、コンピュータから出力します。
Fusion360は無料で高機能なCAD/CAMソフトであるため、そちらを使用します。

CL100はエンドミルを使用して加工を行います。
用意してあるエンドミルは以下

  • ボールエンドミル(刃先が丸い)
    • Φ1mm
    • Φ2mm
    • Φ3mm
  • スクエアエンドミル(刃先が四角い)
    • Φ2mm
    • Φ1mm
    • Φ0.3mm

上記の工具を使用して加工を行います。


30×30×30㎜の木のブロックを加工材料として、スマイルマークを削り出します。

  1. Fusion360を起動し、加工するCADデータを用意します
  2. 左上のタブを製造に変更します
  1. 加工環境の設定を行います
    1. オフセットを全て0に変更します
    2. それ以外は変更なし
  1. 工具の設定をインポートします
  1. Localを選択し、インポートアイコンをクリックします
  1. ファイル選択画面で以下のファイルを選択します
  1. 次に、加工条件の設定を行います
    1. 負荷制御で荒加工を行います
  1. 加工を行う工具を選択します
  1. 荒加工を行うため、Φ2㎜のフラットエンドミルを選択します
  1. 加工形状の設定を行います
    1. ストック輪郭のみにチェックを入れます
  1. 加工パスを設定します
    1. 最大荒取り切込みピッチを1㎜
    2. 中間切込みピッチを1㎜
  1. 加工条件の設定が終わったら「OK」ボタンをクリックします
    1. 加工パスの計算が行われ、移動経路が線で表示されます
  1. 二つ目の加工条件を設定します
    1. ペンシル加工で仕上げ加工を行います
  1. 工具を選択します
    1. Φ1㎜のボールエンドミルを使用します
  1. 加工形状の設定で取り残し加工にチェックを入れます
  1. 加工パスの設定で仕上げ代のチェックを外します
  1. 「OK」をクリックして加工パスを生成します
  1. 加工のシミュレーションを行います
    1. 加工設定を右クリック → シミュレーション
  1. 加工用のプログラムを出力します
    1. 加工設定を右クリック → ポスト処理
    2. 今回はすべて出力するので一つ上の設定を右クリックします
  1. ポスト処理の設定を行います
    1. コンフィグファイルはKitMill series / originalmind
    2. 出力フォルダは任意で
  1. 「ポスト」をクリックします
    1. 出力フォルダに出力されます
  2. 出力されたファイルをUSBに保存します
  3. 以降は制御用PCで作業を継続します
  4. 制御用PCにて、CNC4.02を起動します
  1. 以下、CNC4.02の画面
  1. イネーブルボタンとRESETボタンをクリックします
    1. 「NCプログラムを実行可能な状態です」が表示されたらOK
  1. 機械座標系タブで原点復帰ボタンをクリックします
  1. 材料をセットします
    1. 30角の木材に両面テープを張り、右側のくぼみに入れます
両面テープを材料の裏に張る
くぼみに差し込む
  1. 工具を用意する
    1. 上がΦ2㎜のスクエアエンドミル
    2. 下がΦ1㎜のボールエンドミル
  1. Φ2㎜スクエアエンドミルをセットする
    1. 青いテープの端で止める
  1. 加工原点まで工具を移動させる
  1. ワーク座標系のX,Y,Z軸の位置を0に設定する
  1. 加工プログラムを読み込む
    1. AUTOボタンをクリックする
  1. LOADボタンをクリックして加工プログラムを読み込む
    1. USBを差し込み、手順22で保存した加工プログラムを選択する
  1. STARTボタンをクリックする
    1. STOPボタンに変化するので途中で止めたい場合はこれをクリックする
  1. 荒加工が完了するまで待つ
  1. 工具を交換する旨のメッセージが表示される
  1. Φ1㎜のボールエンドミルをセットする
    1. 青いテープの端で止める(工具の高さを合わせることで、Z軸の原点合わせを省く)
  1. STARTボタンをクリックして加工を再開する
  2. 加工終了まで待つ
  3. 削りかすを掃除して取り出す
  1. 以上