Glowforge利用手順

Glowforge(レーザー加工機)は主に以下の形式の画像データを用いて加工を行います。

  • ベクター形式(.svg .pdf …)
    • 画像を│や〇、□等の図形の集まりとして表現する形式で、IllustratorInkscape等を使用して作成します。
    • Glowforgeではカットと掘り込みが可能です。
  • ラスタ形式(.jpg .png …)
    • 画像を点の集まりとして表現する形式で、PhotoshopGIMP等を使用して作成します。
    • Glowforgeでは掘り込みのみ可能です。

以下の素材が加工できます。

  • 木材(MDF、ベニヤ板等)
  • アクリル
  • その他の素材については要確認

加工範囲は19.5in x 11in (約495mm x 280mm)


上記の形式のデータ(サンプル)を作成し、以下の手順で加工を行っていきます。

  1. Glowforgeの電源を入れる。
     
  2. エアフィルターの電源を入れる。
     
  3. Glowforgeへログインし、デザインライブラリを表示する。
    • ログインは専用のPCから行います。
       
  4. Createボタンをクリックし、画像をアップロードする。
    • Upload from file をクリックし、作成した画像データをアップロードする。
       
  5. 加工画面で加工する画像の位置を設定する。
    1. 画像データの現在の加工位置を変更できます。
    2. 加工する素材の設定が行えます。
    3. 加工順と加工方法の設定が行えます。
    4. Glowforge指定の素材を使用した場合、QRコードを読み込むことで[2]と[3]が自動で設定されます。
    5. PRINTボタンをクリックすることで加工が開始されます。
      また、左側にGlowforgeの状態が表示されます。
       
  6. PRINTボタンをクリックする。
    加工時間が表示されます。
         
     
  7. Glowforge本体のPRINTボタンを押す。
    加工が開始されます。
     
  8. 加工完了まで目を離さないように待つ。
         
     
  9. Glowforgeから素材を取り出し、電源を切って片付ける。

     
  10. 以上